結婚指輪 Archives | 手作り指輪でむかえるウェディング

HOME » 結婚指輪

結婚指輪

結婚指輪は値段が高くて手が届かない!どこに行けば手軽に買えるの?

結婚指輪の値段は高い

「結婚指輪は欲しいけど高くて買えない」と、悩んでいないでしょうか。店にもよりますが、結婚指輪の値段は安く見積もっても20万円〜30万円前後はかかります。昨今の物価上昇の影響もありますが、1つ1つ手作りである点も結婚指輪の値段が高い理由の1つでもあります。
20万円〜30万円で済めばまだ良い方で、海外の高級ブランドともなると数千万円単位の値段がつくことも。ここまで来ると、一部のセレブでしか結婚指輪は手に入りません。ではどうすれば、一般人にも結婚指輪の入手が可能になるのでしょうか。
≫ 『結婚指輪は値段が高くて手が届かない!どこに行けば手軽に買えるの?』

実は可能!結婚指輪と婚約指輪の重ね付け

婚約指輪を有効に活用したい

人生最高の瞬間を彩ってくれた、婚約指輪。しかし結婚後に婚約指輪を使う機会は、中々訪れないものです。「気がついたらタンス奥に眠っていた」という話も、よく聞きます。そこでおすすめしたいのが、結婚指輪との重ね付けです。
結婚指輪は結婚指輪。婚約指輪は婚約指輪と、別々につけるものと思われるでしょう。でも実際に、重ね付けを楽しんでいる方は少なくありません。ブランドも「重ね付け」を前提とした、ブライダルリングを多数揃えているほどです。
≫ 『実は可能!結婚指輪と婚約指輪の重ね付け』

ハイブランドの結婚指輪の特徴

欲しくても買えないハイブランド

普段は欲しくても買えないハイブランド。「せめて結婚指輪だけでも」と、ハイブランドに狙いを定めている方も多いでしょう。
しかし普段あまり接点がないからこそ、ハイブランドの結婚指輪にはどういうものがあるのか?全く想像もつかないかと存じます。結論を先に述べれば、シンプルに「ブランドによる」です。そこで数あるハイブランドの結婚指輪に共通することだけをピックアップ。ハイブランドの特徴についてまとめました。
≫ 『ハイブランドの結婚指輪の特徴』

大好きな人とお揃いの指輪を…

ペアリングを手作りしよう

大好きな人とお揃いの指輪を持って、絆を深めていきたいもの。「ペアリング」と言い、愛を確かなものにするために用いられるケースが増えています。ペアリングにする指輪はジュエリー店は当然のことながら、雑貨店でも売られています。ただ2人の愛を確かなものにするのなら、思い切って手作りに挑戦してみましょう。
ペアリングの手作りとなると、多少なりとも値段はかかります。「安い」とは言い難いものの、素敵な思い出になるでしょう。
≫ 『大好きな人とお揃いの指輪を…』

結婚指輪マウントに疲れている人へ!対処法教えます

結婚をするともっと難しくなる人間関係

結婚をすると、独身時代とは違った人間関係が形成されます。独身時代ならば、気の合わない人と無理に付き合う必要はありませんでした。仕事で強制的に関係を築かなければならない場面があるものの、プライベートでは赤の他人。線引きはまだやりやすかったと、存じます。
しかし結婚となると、ご近所付き合いがあります。ママやパパになれば、ママ友・パパ友との付き合いもあるでしょう。「気が合わないから付き合わない」というのは、厳しくなるでしょう。
≫ 『結婚指輪マウントに疲れている人へ!対処法教えます』

結婚指輪の支払いはどうする?

結婚指輪の支払いは夫婦によりけり

「結婚指輪の支払いをどうすれば良いのか」について。最も的確で正確な答えは「夫婦によりけり」になります。求めていた答えと違うと、盛大なツッコミを入れていることでしょう。
結婚指輪の値段は色々ですが、数十年後も使える指輪をとなると、安く見積もっても10万円以上はかかります。結婚準備で出費が重なる中の10万円は、夫婦にとって手痛い出費。「頑張れば何とか用意できる」というのならまだしも、中には生活に支障が出るという方も少なくありません。

≫ 『結婚指輪の支払いはどうする?』

深い緑色の宝石!結婚指輪に持っていきたいけど…

深い緑色の宝石!エメラルド

美しく深い緑色が特徴で、5月の誕生石としても知られるエメラルド。美しい姿から、世界4大宝石として数えられるほどです。
結婚指輪に使う宝石として最もメジャーなものは、ダイヤモンド。ダイヤモンドが使われている結婚指輪は、どこのブランドでも取り扱いはあるはずです。ただエメラルドが使われている結婚指輪となると、見つけるのも難しくなります。指輪そのものがないからとはいえ、深緑の宝石が持つ魅力にはあがなえないもの。
≫ 『深い緑色の宝石!結婚指輪に持っていきたいけど…』

高級ブランドの結婚指輪をもとめて

ヴァンクリーフ&アーペルの結婚指輪

1906年にパリで誕生したブランド「ヴァンクリーフ&アーペル」。ブランドの名前は、創業者からつけられています。ブランドが立ち上がったきっかけとなったのは、創業者の妹の結婚。結婚がなかったら、ブランドは誕生していなかったのかもしれません。
そして現在、フランスだけでなく日本など世界各国にブランドを展開。愛のあふれる結婚指輪も人気です。ただ高級ブランドだけあって、金額はかなりのもの。一般庶民にとっては、正しく高嶺の花と言えるでしょう。
≫ 『高級ブランドの結婚指輪をもとめて』

2万の結婚指輪は存在しているの!?

2万の結婚指輪は?

2万予算の結婚指輪は、正直かなり厳しいものがあります。結婚指輪の値段はピンキリとありますが、安く見積もっても1つ10万前後は欲しいところ。しかし世の中は広いもので、2万で購入できる結婚指輪がございます。
ではどういった結婚指輪が揃っているのか、ご紹介します。
≫ 『2万の結婚指輪は存在しているの!?』

結婚指輪の支払いについて!

どういう形で支払うのがベスト?

結婚指輪は、どういう形で支払うのがベストなのでしょうか。ブライダルサイトがおこなったアンケートによると、夫側が支払うパターンが多いようでした。「結婚指輪は男が買う」というお決まりがあるのか、半数近い人は夫側が支払いをすすめるようです。
しかし妻側が支払うパターンや、2人が一緒に支払うパターンもございます。さらにお互いに贈りあうことから、お互いの結婚指輪の代金を支払ったという夫婦もいらっしゃいました。
≫ 『結婚指輪の支払いについて!』